お仕事について

お仕事の流れ

お仕事の流れは業種によって少し違いがあります。

「デリバリーヘルス(デリヘル)」「ホテルヘルス(ホテヘル)」のお仕事の流れを詳しく見てみましょう。

プレイの流れ(デリバリーヘルス)

実際のデリバリーヘルスの流れをみてみましょう。

STEP.1

出勤&待機

待機場所が設けられているお店と、待ち合わせ場所付近のカフェ等で自由待機を許可しているお店の2パターンがあります。

その店舗に合わせた適切な待機場所で、指名が入るまで待機します。

STEP.2

待ち合わせ場所へ

指名が入ったら、指定時間に待ち合わせ場所に行きます。

待ち合わせ場所がわからない場合はスタッフに確認しましょう。

STEP.3

ホテルへ移動
会計&プレイ

お客様と合流できたら近場のホテルへ向かいます。

ホテルに到着したら、デリヘルと同じくコース料金を頂きます。

店舗へ戻るまでしっかりと管理しておきましょう。

その後シャワーを浴びてサービス開始です。

STEP.4

ホテルを出る準備

時間が終了したら再度シャワーを浴びます。

満足したお客様の身体を綺麗に洗ってあげましょう!

ホテルを出る際、店舗に電話連絡が必要なお店がほとんどです。

STEP.5

お見送り

お見送りまでがサービスです!

次のリピートに繋がるよう最後まで笑顔で見送りましょう。

見送ったあとは待機場所へ戻るか、店舗へ戻りお給料を受取ってお仕事終了です。

プレイの流れ(ホテルヘルス)

実際のホテルヘルスの流れをみてみましょう。

STEP.1

お客様が受付に来店

デリヘルは事務所しかなくお客さんは電話で予約をしますが、ホテヘルの場合には受付所が設けられています。

ホテヘルを利用するお客さんは、まずは受付に来てパネルなどで女の子を決めます。

モニターからお客さんを確認できるお店が多いので、知り合いなどが来店したならNGにできます。

STEP.2

お客様と一緒に
ホテルへ

ホテヘルの受付があるところはホテル街の近くですので、それほど長い距離を一緒に移動するわけではありません。

場合によっては男性が先にホテルに行き、女の子が後から行くお店もあります。

STEP.3

シャワータイム

ホテルに着いたら、まずはシャワーを浴びます。

シャワーを浴びるのは決まりなのですが、たまにシャワーを浴びることを拒否するお客さんがホテヘルにもいます。

そんなお客さんも、上手になだめて一緒にシャワーを浴びましょう。

STEP.4

ベッドでのプレイ

ホテヘルではシャワーから上がってからが、本格的サービスです。

お店の基本プレイを守れば、サービスはある程度自由にできるのはホテヘルの仕事内容でもいいところです。

お客さんに合わせた対応はもちろん、自分らしさがでるようなものを取り入れるのもいいでしょう。

お客さんの希望に応えるのは大切なことですが、本番行為や激しいSMプレイなどはきちんと断ることも大切です。

STEP.5

シャワーを浴びて
お別れ

ベッドでのプレイが終わったら、最後にシャワーを浴びます。

ホテヘルは利用時間が短いお客さんが多いので、このシャワーも手短に済ませてもらいましょう。

ホテルは一緒に出る場合と別々に出る場合がありますが、基本はお店の方針に従ってください。

ただお客さんと一緒にいるところを周囲に見られたくないなどの理由があれば、一度お店に相談してみましょう。

一緒でも別々でも、部屋を出るまで気を抜かないのも大切な仕事内容です。